『JGAP認証』


平成31年4月16日

群馬の「鳥山牧場」が関東で初となる
肉用牛の『JGAP認証』を取得!
目指したのは” 味の見える化”、
オリンピック食材調達基準を満たす
新時代の流通ロールモデルへ





群馬県利根郡昭和村でブランド牛「赤城牛」の生産を手がける
「鳥山牧場」は、北陸・中部・関東・甲信越でとなる
『JGAP家畜・畜産物(肉用牛)認証』を取得した農場となりました。




 

「美味しい。また食べたい。」を企業理念にブランド牛「赤城牛」の生産を手がける有限会社 鳥山牧場(所在地:群馬県利根郡昭和村、代表取締役:鳥山 真)は、農林水産省が推奨する農業生産工程管理手法の『JGAP家畜・畜産物(肉用牛)認証』を3月14日に 取得いたしました。肉用牛では、北陸・中部・関東・甲信越初の認証農場となります。(3/14現在、国内では肉用牛認証18農場)

新時代の流通に向けた「次世代の仕組みを構築」

この度の『JGAP認証』取得の背景には、世界的な食品安全などの認証制度に関する要求の高まりや、2020年東京オリンピックにおける「持続可能性」に配慮した運営方針などがあり、鳥山牧場では黒毛和牛100%の一貫生産牧場としていち早くこの問題に着手し、昨年の春『農場HACCP』を取得しました。

『JGAP認証』は「信頼できる農場」の目印として、食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証であり、消費者は安全性が確保された農産物の調達が可能となります。また、東京オリンピックの食材調達基準も満たしていますので、インバウンド需要の増加に向けて、農産物バイヤーや飲食店も安全で美味しい食肉を仕入れる事ができます。

さらに、鳥山牧場では美味しいお肉の見極め方法としAISSY株式会社が開発した味覚センサーを活用し、一般的な「霜降り」に頼らない「味の見える化」に成功しました。味覚センサーは、味のデータ取得から「入力」「解析」「出力」の3工程で行われ、その結果を生産現場へ反映することで、” 安定した美味しい”お肉の再生産に活かしています。

 

 

<『JGAP認証』について>
食の安全や環境保全に取り組む農場に与えられる認証です。『JGAP』は、農場やJA等の生産者団体が活用する農場・団体管理の基準であり、認証制度です。 農林水産省が導入を推奨する農業生産工程管理手法の1つでもあります。

 

<『農場HACCP』について>
畜産農場における衛生管理を向上させるため、農場にHACCP(※)の考え方をとり入れ、危害要因(微生物、化学物質、異物など)を防止するための管理ポイントを設定し、継続的に監視・記録を行うことにより、農場段階で危害要因をコントロールする手法です。※HACCP(Hazard Analysis Critical Control Point)

 

【有限会社鳥山牧場について】
所在地〒379-1207 群馬県利根郡昭和村赤城原 1231
代表者:鳥山 真
電話番号:0278-24-7746
URL:http://akagi-beef.jp/
事業内容: 肉用牛の 生産

【お問い合わせ先】
企業名:鳥山畜産食品株式会社
所在地:〒377-0008 群馬県渋川市渋川1137-12
担当者名:松井和仁
TEL:0279-24-1147
Email: matsui@akagi-beef.jp

「すき焼きセット」

「トマホーク&Lボーン」